☆マイキーの旅日記☆

旅人マイキーの世界放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ・ネパール 16日目

12月1日(タイ・ネパール16日目)
カトマンズ

7時半起床

ミナはまたそのまま寝
寒くて中々起きれない

シャワーはぬるくて寒
昨日入ってないミナも挑戦したが
寒くて途中ででてきてた

9時
ちくさ茶房(コーヒーがうまいらしい店)

マイキはコーヒー30R
ピーナッツバタートースト40R(味なし)

ミナはホットチョコ70R
ツナトースト70R(うまい)

味噌汁40Rもあるぞ

とにかく暖まりたいミナ
コーヒーのおかわりだ
しかし店も寒い

11時半

カトマンズ盆地全体は世界遺産だ
見所がたくさんだ

まずボダナートへ行くぞ
ここはヒンズー教の寺!?塔?!みたいなとこだ
ブッタアイと言われる目が描かれてる塔だ

両替しマイクロバス乗り場へ向かう
1人9R(13円)だ

マイクロバスとは言えただの軽自動車

6人乗りのところ14人乗っていざ出発

1ミリも動けないぞ
半分 車外に出てる人もいる

ガイドブックには50分かかると書いてあったが
なぜだろう・・・10分でついた


ボダナート100R
20070707234349.jpg


5大エネルギー
「地 水 火 風 空」

チベット文化の中心地だそうだ

とても素敵だ

塔のまわりに
カラフルながたーーーーくさん掲げてあって
とっても綺麗だ
20070707234107.jpg
(素晴らしい空気)

ストゥーバに上がりマニ車を回し
時計まわりに1周した

20070707234307.jpg
(シャイな少年)

25℃ 日差しが強烈だ
そうか・・・昼間は暑くて朝晩寒いパターンだ

またマイクロバスを見つけ
パシュパティナートへ行く

適当降ろされる

ネパールにはあんまりトイレがなく
外に、公衆立ちション場なるものがあると聞いてたが

あった!!

ただの壁にむかって男子がみなしているではないか!

女子はどうするんだこれ・・・


パシュパティナート
20070707234640.jpg


ここはインド・ガンジス川の支流らしい
川の火葬場

包んだ遺体目の前にあるこれから川に流すのだ

他では遺体を焼いている
凄いにおいだ
20070707234553.jpg
(火葬場・下の赤いのは遺体入ってる)

上流から流すのは身分の高い人
下流からは身分の低い人

ここは猿が多い 野生の猿は人を襲う 恐ろしい

寺などがたくさん

高台に休憩所があると言う

疲れたので行ってみよう!

・・・

ただの坂の上の空き地じゃん


ミナは靴下を買う

20070707234520.jpg

20070707234433.jpg
(火葬場だが土産屋や商店が連なる)

次はパタンに行くぞ
しかし聞けば聞くほどパタン行きのバスがないと言う

外には唐突にも
イスを置き鏡を立てかけ
人が髪を切ってるぞ

出た!

青空床屋!!!
20070708021556.jpg
(実に安易)

ネパールの床屋は腕が良く激安で有名だ

試してみたい・・・この旅の1つの目標でもある


で 誰に聞いてもないって言うから
タクシー乗る

すると道にレンガやらマンホールの蓋やら
大きな石やら火炎瓶やらが散乱してる


警官もたくさんだ

何だ!!?テロか??!

火がでてるぞ!


どうやら学生と警察の抗争らしい
20070708021831.jpg
(・・・)


そのおかげで大渋滞で1時間位かかる(通常20分)

メーターだったから600R(900円)にもなってしまった・・・

16時
やや寒くなってきたぞ

パタン
20070707234852.jpg


ここは古都みたいな感じだ
全体的に茶色い感じだ

20070707234929.jpg
(世界遺産に乗る子供)

ゴールデンテンプル25Rに入
仏教寺院
なぜだか革製品を持って入ってはいけない

中にいた爺さんが勝手に説明してくれた

外にでるとネパール人の
サミービノーダ(24歳)に声をかけられた
20070707235016.jpg
(会った瞬間写真撮影、左ビノーダ・右サミー)

ビノーダが、曼荼羅(マンダラ)という
寺院などの天井にある
伝統的なチベットの仏画を描く学校に通ってるらしい
すぐそこなので連れてかれる

彼らに9000ブッタいるマルボーダ寺院や
シヴァ神のとこやらに連れてかれる

夕飯に誘われたが「カフェに行きたい」と言うと
超ローカルなカフェに連れてかれる

コーヒー(ネスカフェ)飲んで喋る
おもしろキャラの友達も参加し仲良くなる

サミーは日本語がうまい
たまに面白いことを言って笑いをとると

「コレ、イタリアン冗談」って言う
イタリアン冗談って・・・(汗

それから語尾は必ず「~ですよねーーー」


しかし突然「掃除するから出てくれ」と追い出される


ガイドブックに載ってた「名もないねネワールの飲み屋」に
連れてってもらう


看板もなく暗い路地を入るのでまず観光客は探せないって店


ウォー(お好み焼き)だ これがおいしい
20070707235119.jpg
(大人気)

後ろの人が食べてたジャガイモのみのカレーが気になり
同じの頼んでもらう

少し辛いがうまい

「辛い」はネパール語だと「うさぎ」だそうだ

私らが「辛い辛い」言ってて
彼らには「うさぎうさぎ」って聞こえてたって話

ちなみに「辛い」の意味のネパール語は「パル」


水頼む でかいのきた

ここで問題だ

ネパールは宗教上
人が口をつけた物には口をつけてはいけない
いけないというか「汚れ(ケガレ)」たものになるらしい

だから口をつけずに水などを飲む

やってみた

難しい

最初は顔中水びたしだ

慣れると「勢い」で出来ると分かった


ミナは最後まで慣れなかったが・・・
びしょびしょだ


この店暗い でも凄い人気らしい
床に座っておばちゃんがウォーを焼く
まだ小さい男の子が皿洗いをしてる


ウォー4枚とジャガイモカレーと水と乾燥潰した米
全部で100R(150円)

さっきコーヒー奢ってもらったから奢る

しかし安いな

で タメルに戻りミュージックバーに行くことに

トゥクトゥクに乗る
本当は無理なのに
特別にタメルに行ってくれるらしい

しかし途中ドライバーとトラブルみたいで
明らかに怒ってるサミーが金を払って降りだした
ドライバー、ミラー越しの目が怖い
私らも降りなきゃ!
で ビノーダも降りたところで
私らを残し何と急発進!!!


え!?


私らだけ拉致!??

本気で怖かった

するとビノーダがヒーローみたく車に走り乗ってきた
間一髪間に合った

で ビノーダが止めさせ降りた


一体何だったんだ!!???


タメルまで少し歩きまずはカフェへ
言っておくとそうとう寒い


ネパールティ飲
彼らのマジック見
ネパール語教
新たに友達も来


その中にだ
「スピードワゴンみたいな人に俺似てる」とか言う人が!

確かに似てる そして凄い髪型だ 
20070707235651.jpg
(頭それ1、9過ぎだ)

で ブッタバー
20070707235805.jpg
(なんとも素敵な店の名)

茶ぶ台スタイル

せっかくだからエベレストビール170R頼む

サミーはいつの間に不在でビノーダとサントスと話す
この2人は英語のみ日本語は出来ない

サントスは絵に描いたような好青年
酒もタバコもやらない笑顔の素敵な紳士だ
ネパールについて色々教えてくれた
絵が上手だった


完全に癒しだ


その後サミーが戻り
スピードワゴンと新たな男前らしき人も来た

シーシャをしてた 水タバコ

みんなおもしろくて楽しかった
20070707235605.jpg
(みんなと・・・1番右がサントス)
ビノーダが宿まで送ってくれる
と言うか彼、宿が分からないからマイキが誘導

途中宿のそばで
座ってすすり泣いてるおっさんがいた


・・・夜中


そんなの 怖いだろ



宿は門限で閉まってた・・・(焦

夜勤の門番のおっさんに開けてもらう


1時半 寝




スポンサーサイト

テーマ:バックパッカー - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maikyyildiz.blog109.fc2.com/tb.php/16-287d8dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。