FC2ブログ

☆マイキーの旅日記☆

旅人マイキーの世界放浪記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ 1、2日目

mickey3度目のトルコへの道のり。。。

DSC01878.jpg
(大好きなカッパドキアの奇岩)


それは5月、カンボジアの余韻にまだ浸っているマイキと旦那が

帰国してから早速次の夏休みに何処へ行くかを考えた

・・・・・





ミャンマー♪


早速調べると・・・


ガ、ガーン


アジア全般夏は雨季でございます



あんま時間もないし遠いとこは無理だし・・・

中東しかない大好きな中東
最近行ってないし雨季でもないし


シリア、ヨルダン、レバノン ♪

憧れのこの3カ国


これ決まり


早速カンボジアから帰ってすぐのお休みに旅行会社へ


するとだ。。。。。


「シリアもヨルダンも全経路全便満席でございます」


ガ ガビーーーーーーーン


満席ってあんたまだ5月よみんなどんだけ予約早いのよ


何か何でもいいからどんな周りでもいいからないですか!?
と、ひつこく聞いてみる

色々調べてくれたけど結局「ご提供できません」って


家帰って格安航空券で必死に探す

問い合わせたくさんしたら1個だけあった

恐ろしく高い正規料金のが・・・


そして諦めるしかない悲しさ刹那さ
マイキにとって聖地のシリア、ヨルダン、レバノン
パルミラ・・・ぺトラ・・・さようなら

アジアが雨季で駄目で
中東も無理でそれより遠いアフリカなんて時間が足りないし


夏休みは家でごろごろ・・・・・悪夢・・・・・




あるじゃないか


すでに2回旅をした大好きな国
何度でも行きたいと思った国
イスラム国を好きになったきっかけの国
日本よりご飯がうまいと思った唯一の国
何より人が最高素敵な国
いつか旦那にも見せてあげたいと思ってた風景のある国



そうです




トルコです☆



早速問い合わせると

たった4席残っている


4席・・・・・・・・・


もはや考えてる時間はないのだ



予約完了です


突然の行き先変更だけど3回目だし問題ないかと・・・


ついでに時間ないからネットでトルコの国内線予約をしようとしたら


全部英語なんですけど・・・・固まりました


たかが航空券を予約するのに2時間位かかり
わけも分からずカード番号入力し最後の予約決定を押したらだ


TIME OVER と書いてある


タイムオーバ~~~


1からやり直しですよ

トルコ航空よ
日本語でネット予約出来るようにしてくれよ・・・
せめて日本に繋がる電話番号作ってよ・・・
トルコに国際電話でしかも英語で予約なんて不可能です・・・


どっと疲れましたがとりあえず夏は3回目のトルコ放浪に決まりました

そんなこんなで大嫌いなロシア経由で行って来ました


そういえば格安航空券を買った会社の人も
「アエロフロートロシア航空は最近全便機材変更いたしましたので問題ないかと・・・」

と 聞いてもないのにたくさんフォローしてました

そのくらい飛行機も人も評判の悪いところです

実際2回乗って分かっております
でもまだ飛行機自体がかわったなら良いかな・・・
人の性格までは直るまい


ミッキーそれでは旅日記スタートミニー



2009年8月8日~9日(トルコ1日目~2日目)


早朝4時起床


洗濯済ませいつものように母に横浜まで送ってもらう

混む時期は早めに行かないととなり同士で席が確保できないから
早目に向かった

長く険しい1日が始まる


9時


成田で本日2食目 ラーメン
マイキ泣ける本購入


12時


飛行機出発


確かに飛行機が新しくなってた
鉄板ではなくなっていた

でも

ぼろい 狭い 汚い に変わりない


何年も前の柿の種が大量に落ちてる

DSC01850.jpg
(柿Pを発見しはしゃぐ旦那)

さっきトイレのついでにロシア人にゴミを渡そうとしたらだ

「ゴミ箱そこ!!!自分で入れろ!!!」ってアゴで言われた・・・

相変わらずのロシア人

トイレの鍵は壊れてて何度開いたか・・・


最初の機内食。。。

ビーフORチキンだったけど

次の食事も。。。

ビーフORチキンだった

冷たいはずの飲み物も熱いはずの飲み物も

すべて ぬるい

そして10時間後、、、恐怖のモスクワに到着

DSC01857.jpg
(前回より電気は増えていたが基本モスクワ暗い)

マトリョーシカはかわいい
特にプレジデントチェブラーシカが良かった
あけるとどんどんちっさくなった大統領が出てきてかっこよかった

DSC01853.jpg
(チェブラーシカのマトリョーシカ)

DSC01855.jpg
(ミッキーのマトリョーシカ)

DSC01854.jpg
(ミッキーとプー)

DSC01856.jpg
(旦那とマトリョーシカやっぱり暗い)

国際空港とは思えない空港で6時間待つ

DSC01858.jpg
(暇つぶしやっぱり暗い)

暇にもほどがある

ポテトチップ買おう!

5ドルです

チップが500円って!!

諦めた

しかしロシア人、チップがいくらか聞いただけでどうして
ロシア語で凄い剣幕で怒るんだろう

その後寒さと眠さとの戦い


ようやく地獄の6時間が経過し

トルコ行きの便に乗った
ご飯出てきてもいらん!!寝る!!


3時間後

イスタンブール到着

トルコは9日深夜の1時(日本は翌朝7時)

両替をし国際線から国内線ターミナルへ移動しかたく冷たい椅子で仮眠

次の国内線乗るまでここでさらに6時間待つ

DSC01859.jpg
(左の彼は偽者)

さすがにそろそろ水とチップを購入 「1トルコリラは70円」
前回に比べトルコの物価上昇は物凄かったけど
チップは2TL(140円)と日本並みだがロシアに比べるとOK

ようやく5時間位経過し搭乗ゲートの方へ移動

何か食べよう・・・

高い。。。

食べ物が高い

パンが500円以上する

青山あたりのお洒落なカフェか!!!

その中でも安いパン6TL(420円)買う

・・・
DSC01860.jpg
(これが420円のパン)

そして搭乗ゲートで寝て待っていた

・・・・・




・・・・・




・・・・・



気付くと7時半(出発時間)



誰もいない!!!


慌てて掲示板見に行ったらゲートが変更してた!!!!!


げ!!!! 汗


走って行ったらギリギリ間に合った 汗


全員着席でしたが待っててくれて助かった


もし置いてかれたら目的地カッパドキアまではバスで12時間

良かった。。。


トルコ航空は広くて綺麗で感じよくておまけに機内食がおいしい☆

機内食大嫌いだけどここのはおいし

トマト&チーズサンドとチェリーケーキこれが本当においしかった

DSC01862.jpg
(もうすぐカッパドキア♪)


1時間半後 9時半


やっとカイセリ空港へ到着

DSC01863.jpg
(朦朧とする中、建国の父アタチュルクと1枚)

ここからカッパドキアの拠点の町ギョレメまでシャトルバスで1時間・・・


34時間位かけようやくカッパドキアに着いた


もう若くないからか結構限界でした・・・汗

ようやく宿に到着
ギョレメにあるトラベラーズって宿
奇岩を利用した宿で素敵
カッパドキアの宿はどこも洞窟で素敵
繁忙期1泊50TL(3500円) 高っ!! いやこれでも安い方だ
トルコの物価上昇についてけない。。。涙
でもここはとてもいい宿でした かよべぇさんありがとう☆

DSC01864.jpg
(ニャンコがお出迎え)

DSC01865.jpg
(ニャンコも眺める奇岩)

DSC01867.jpg
(宿も奇岩、宿からの眺めも奇岩)

DSC01869.jpg
(洞窟部屋)

疲れまくりで本当は寝たいんですが時間がないのでそうも言ってられない
情報収集してとりあえずシャワー浴びレンタバイクしに出発だ!!


13時


DSC02637.jpg
(今日はだいたいこのオレンジのとこを周ろうかな~)

DSC01870.jpg
(宿の横の風景)

DSC01871.jpg
(町へ歩く途中)

DSC01872.jpg
(手作りの階段)

DSC01873.jpg
(とっても入りたい)

バギーをやたら勧めてくるんだけどいいや

レンタバイクはホンダだと高く中国製だととびっきり安い

「中国製で貸してください!!」

しかし反対されホンダに・・・そして相場より高いけど・・・

疲れで非常に面倒くさいのでホンダで6時間契約、50TL(3500円)

周った後で旦那がボソッと。。。「バイク、ホンダじゃなかったよね・・・」

何でもいい 疲れって凄い

とにかくこうして半ばテンション変に高くなりつつバイクでカッパドキア探検
旦那はひっさしぶりの運転
しかも原付よりでかい125CC
2人乗りだし右側通行だしやや緊張気味

DSC01874.jpg
(真ん中のがウチヒサールって砦)

DSC01876.jpg
(さらにウチヒサール)

DSC01875.jpg
(ギョレメパノラマに到着)

DSC01883.jpg
(眺め最高!!)

DSC01884.jpg
(でかい!!!)

DSC01885.jpg
(奇岩奇岩奇岩)

DSC01879.jpg
(日差し強)

DSC01880.jpg
(奇岩フェチにはたまりません)

DSC01877.jpg
(これはお土産!)

DSC01881.jpg
(トルコのお守り、通称目玉)

さてまたバイクに乗ってさきほどのウチヒサールへ向かう
ここは「尖った砦」って意味で巨大な1枚岩の城塞
遠くからでも良く見え目印になって助かる
ここまで行くには凄いガタガタ道なのですでに手がしびれまくりの旦那

DSC01895.jpg
(何とかウチヒサール到着)

DSC01886.jpg
(右側の店でうまいもの購入)

DSC01887.jpg
(干したとうもろこしにしょっぱい味つけたやつ2TL)

DSC01889.jpg
(頂上に上がるには3TL)

DSC01890.jpg
(足がくがく。。。寝不足には辛い)

DSC01892.jpg
(景色そっちのけで食べた!本当においしい♪)

DSC01893.jpg
(ウチヒサールの村)

DSC01896.jpg
(ハンドメイドの店の入り口足元にあったカッパドキア)

DSC01897.jpg
(ポスト)

さて次はオルタヒサールに向かいます
ウチヒサール同様岩峰が聳え立つ村
数百メートル離れた岩峰と地下で繋がってると言われてる

DSC01903.jpg
(こんな岩)

DSC01899.jpg
(途中で何度も写真大会)

DSC01901.jpg
(何処もかしこも絵になる風景)

DSC01902.jpg
(道がわからなくなったからこの子達に聞いてみた)

トルコの子供はかわい過ぎる
みんな笑顔で人なつっこい

DSC01908.jpg
(オルタヒサール見つけた)

DSC01907.jpg
(オルタヒサールの村)

ここも2TLかかるんだけど誰もいなくてただで平気だった
ここは結構むき出しの階段やぐらついてる手すりだったりで本気で怖い

DSC01912.jpg
(階段を上がる)

DSC01915.jpg
(どんどん綺麗な景色になっていく)

DSC01918.jpg
(何度も言うけど34時間かけて来た私らにはきついです)

DSC01922.jpg
(何とか頂上!!国旗がある)

DSC01924.jpg
(左上にはさっき登ったウチヒサールも)

DSC01929.jpg
(ぐらぐらする手すり)

DSC01925.jpg
(でもこんな景色が見れます♪)

続いて親切なトルコ人に聞きながらもウルギュップの町へ向かう

DSC01930.jpg
(途中これまた有名なきのこ岩に立ち寄る)

DSC01931.jpg
(凄いですね~~~)

DSC01933.jpg
(日本語できるトルコ人の意向により全く知らない家族となぜか一緒に・・・)

DSC01932.jpg
(トルコのゴミ箱はかわいい)

DSC01938.jpg
(絵になる!)

DSC01939.jpg
(実に絵になる!!)

DSC01940.jpg
(ウルギュップの高台に続く道の土産屋)

DSC01942.jpg
(高いとこ)

DSC01944.jpg
(カッパドキア定番お土産)

DSC01945.jpg
(トルコの偉大なる父 アタチュルク)

DSC01946.jpg
(通りの標識)

そしてまた奇岩地帯を走り出す!!!

DSC01958.jpg
(こんな道を走る)

DSC01947.jpg
(右も)

DSC01949.jpg
(左も)

DSC01954.jpg
(あっちも)

DSC01955.jpg
(そっちも)

DSC01956.jpg
(大満足の奇岩群)

DSC01950.jpg
(何度見ても感動する風景)

DSC01953.jpg
(この世のものとは思えない風景)

DSC01959.jpg
(自然にはかなわない)

DSC01960.jpg
(有名ならくだ岩)

DSC01962.jpg
(後ろに小さな人・・・岩のでっかさが分かる)

DSC01966.jpg

DSC01967.jpg

DSC01969.jpg

DSC01971.jpg
(借りたヘルメットはかゆい)

DSC01974.jpg

ガソリンスタンドが3軒しかないので
トルコ人友達も住んでる陶器の町アバノスへ向かう

DSC01975.jpg
(アバノスのクズル川)

駐車場が驚きの広さのレストランへ入ってみる

DSC01977.jpg
(レストランも大きかったが駐車場が広すぎて小さく見える 笑)

ようやくまともな食事がとれる
トルコのご飯は物凄くおいしい♪
無料でいくらでもくれるエキメッキって言うパンが世界1おいしいと言われているが
本当に世界1だと思う
何も付けなくてもどんどんいける!!
ご飯が運ばれる前にエキメッキを食べ過ぎてご飯が食べれなくなるほどうまい
フランスパンみたいな感じだが平気で2~3本くらいいける

DSC01976.jpg
(トルコ料理)

左がアダナケバブって言う唐辛子が少しきいたぴり辛のケバブ 7TL(490円)
右上はひき肉とトマトのピデ 4TL(280円)
サラダやら他の皿は無料でついてくるやつ
エキメッキはでてこなくて残念
缶コーラ 2TL(140円) チャイ 1TL(70円)

高い~~~~~~~汗

DSC01978.jpg
(ガソリン9TL(630円) ガソリンも高い)

DSC01979.jpg
(バイクを返す時間が迫ってきたので戻る)

DSC01984.jpg
(帰路も奇岩を進む)

DSC01990.jpg
(陽も暮れ始める)

DSC01995.jpg
(「チャウシン教会はお金がかかるから裏手の奇岩見てきな!」と言われたので入らず・・・)

DSC01988.jpg
(その奇岩を見に行った)

DSC01996.jpg
(夕暮れはカッパドキアで1番と言われるローズバレー)

DSC01998.jpg
(色がどんどん変わってって綺麗だった)


19時


ギョレメの村に戻ってきた、バイクも返す
6時間のバイク探検もおしまい

DSC02000.jpg
(ギョレメ村)

DSC02004.jpg
(宿が物凄くあるからこんな標識だらけ)

DSC02001.jpg

DSC02002.jpg

DSC02003.jpg
(トマトもおいしい)

DSC02009.jpg
(お花も綺麗)

DSC02014.jpg
(こんなブランコ楽しいだろうなー)

DSC02007.jpg
(夕暮れ時の奇岩)

DSC02011.jpg

DSC02012.jpg

DSC02015.jpg

DSC02017.jpg
(宿のそばの奇岩)

宿から近いギョレメの丘へ向かう

DSC02019.jpg
(緑のが泊った宿のロゴ)

DSC02020.jpg
(宿の前にいたおばちゃん)


DSC02031.jpg
(ピンクにそまる奇岩)

DSC02035.jpg
(ピンクになったギョレメの村)

DSC02023.jpg
(本当綺麗なオレンジ)

DSC02029.jpg
(感動☆)

オルタヒサールもウチヒサールも見えここはよかった
昼にも来て見たい♪

しかし、長い1日だった。。。いや2日か。。。

34時間かけカッパドキアに着いて
そのまま8時間遊んで
目は真っ赤に充血し・・・

明日は6時起きなのでもう寝よう。。。。。


22時


さすがに就寝

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

コメント

モンスーン気候の東南アジアと乾燥気候のトルコの対照的な所を旅して、風土の違いや民族性の違いなど直接肌で感じる事が出来るのは、やはり実際に現地に行ってみないと判らないよね!

テレビとか本では五感を伴う事が伝わってこないからね!
でも実に二人、楽しそうなので何よりです!!

  • 2009/08/24(月) 18:22:38 |
  • URL |
  • ハマちゃん #-
  • [ 編集 ]

こんばんは

百聞は一見にしかずですね!
2人とも何処へ行っても楽しめるタイプです
マイキには素敵な遺跡、風景があれば。。。
彼にはおいしいご飯があれば。。。
喧嘩もたくさんですけど♪
また続き楽しみにしててください

  • 2009/08/24(月) 19:24:23 |
  • URL |
  • マイキ #-
  • [ 編集 ]

なにこの岩 自然にできたのかなぁ?
シリアとかマイキにとって聖地のようだけど、それはどうして~?
トルコ今まで全然興味がなかったけど、マイキの日記みて、興味がわいてきたよ。


  • 2009/09/03(木) 15:55:41 |
  • URL |
  • ひーちゃん #ncVW9ZjY
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> なにこの岩 自然にできたのかなぁ?
> シリアとかマイキにとって聖地のようだけど、それはどうして~?
> トルコ今まで全然興味がなかったけど、マイキの日記みて、興味がわいてきたよ。

カッパドキアはこんな奇岩地帯ですよ
昔は海底で長い年月をかけ風とかで風化してこうなったらしい
基本的に遺跡に浪漫を感じるんだ
だからヨルダンのペトラ遺跡(インディジョーンズの地)とか
シリアのパルミラ遺跡とか行ってみたいの
イスラム教の国もすきだし
トルコは人がいいしごはんうまいし見所満載でいいとこよv-10

  • 2009/09/05(土) 22:21:13 |
  • URL |
  • マイキ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://maikyyildiz.blog109.fc2.com/tb.php/141-a8433fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。